« 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *名古屋 | Main | 星野源「エピソード」 »

パオロ・バチガルピ「ねじまき少女」(ハヤカワ文庫SF)

象とバイオテクノロジー等、ジャンクな近未来風景の目新しさは冒頭の工場シーンと、終盤での、科学者との対話シーンぐらい。中盤はねじまき少女を置き去りにして、延々と権力闘争が続く展開なのが、退屈でした。他作を見ると作者の関心は社会面で、SFガジェット方面にはないのでしょうけれど。

「ニューロマンサー」が、1980年代「ニッポン」を使って醸し出したエキゾチック違和感を出すのは、今だと、タイなのか、という妙な感慨もありましたが、「テルマエロマエ」賛美的な気持ちは、小説自体の面白さとは別のことですし。

|

« 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *名古屋 | Main | 星野源「エピソード」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/53903646

Listed below are links to weblogs that reference パオロ・バチガルピ「ねじまき少女」(ハヤカワ文庫SF) :

« 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *名古屋 | Main | 星野源「エピソード」 »