« 伊藤計劃×円城塔「屍者の帝国」 | Main | アニメロミックスPRESENTS 田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 Autumn *Fall in Love*横浜公演 »

「さくら荘のペットな彼女」/「ガールズ&パンツァ-」/「CODE:BREAKER」/「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」/「PHYCHO-PASS」/「ROBOTICS;NOTES」/の第1話感想

2012年10月期アニメ等第1話感想4今期はこの辺までか?

21.「さくら荘のペットな彼女」(東京MX 月曜深夜)△×
ギャルゲー的な共同生活に持ち込む為の設定は強引だが、電撃G’sマガジンのコミカライズ同様、芸術家題材の青春物として、感動路線に進むよう。絵は綺麗。

22.「ガールズ&パンツァ-」(TVK 月曜深夜)△×
女子校物。美少女とミリタリーを画面に出す為とはいえ、薙刀:女子を、戦車:女子にアナロジーするってのは、強引過ぎて、メタ感否めず。売りっぽい緻密な戦車CGも、FPS的な揺れる主観視点のせいで苦痛なのですが、ただ、ミリタリー愛は理解できます。

23.「CODE:BREAKER」(BS11 火曜深夜)×
美少年超能力バトル。裏で殺戮する転校生っていうキャラ紹介だけで第1話は終わってしまったので、背景設定が不明。

24.「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」(東京MX 火曜深夜)×近親相姦もの。ライバル格キャラ3人登場が唐突過ぎて、話しについて行けず。主題となる「妹」の異常行動も、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!!」みたいに、ギャグとして笑ってよいものなのか、萌えて行くべきなのか、解らず。先日、「ソードアートオンライン」での竹達キャラな妹を見た直後で、「妹」に食傷していた事情もあるけれど。

25.「PHYCHO-PASS」(フジテレビ 木曜深夜)△×
管理社会舞台にした、新人警官物。管理社会自体をSF的に描写する気が無く、新人が直面する「現実の世知辛さ」の具現化として、済ませそうな雰囲気なのが寂しい。虚淵玄脚本に期待したいけれど。

26.「ROBOTICS;NOTES」(フジテレビ 木曜深夜)×
部活物。ロボ描写に時間を割いた為、極端な熱血ヒロインと、ゲームするだけの男というキャラしか第1話で伝わらず。男視点の原作ゲームであれば問題ないのかもしれないけれど。

|

« 伊藤計劃×円城塔「屍者の帝国」 | Main | アニメロミックスPRESENTS 田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 Autumn *Fall in Love*横浜公演 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/55891579

Listed below are links to weblogs that reference 「さくら荘のペットな彼女」/「ガールズ&パンツァ-」/「CODE:BREAKER」/「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」/「PHYCHO-PASS」/「ROBOTICS;NOTES」/の第1話感想:

« 伊藤計劃×円城塔「屍者の帝国」 | Main | アニメロミックスPRESENTS 田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 Autumn *Fall in Love*横浜公演 »