« S―Fマガジン編集部(編)「SFが読みたい!2013年版」 | Main | 「キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン」 »

ウィルコ・ジョンソン「マシンガンカッティングの極意」

ギター・マガジン2013年3月号付録CDに収録。

楽器雑誌で、特集するミュージシャンといえば、フュージョン畑の技術自慢か、精神論で煙に巻くブルース界隈と、思っていたので、この人の登場は(お別れツアー、っていう浪花節な話題あるとはいえ、)意外。

もっとも、誌面でも、マイブラ「ラブレス」語りの頁あったりしましたし、わたしの偏見かな。

音のほうは、本人コメント交えつつ、カッティング実演というもの。複雑な解説を要する音楽でもなく、半分位は「ダウン、アップ、ダウン、アップ」言っているだけですし、カッティングは、結構続けるので、前衛音楽としてなら聴ける出来。

左手編の終盤で、ドクター・フィールグッド「シー・ダズ・イット・ライト」の一節を挟んでくれたのは、嬉しいサービス♪

|

« S―Fマガジン編集部(編)「SFが読みたい!2013年版」 | Main | 「キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/56901223

Listed below are links to weblogs that reference ウィルコ・ジョンソン「マシンガンカッティングの極意」:

« S―Fマガジン編集部(編)「SFが読みたい!2013年版」 | Main | 「キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン」 »