« ザ・ポリフォニック・スプリー「イエス、イッツ・トゥルー」 | Main | 「螺旋の果実」 »

マイナー・アルプス「ゲット・ゼア」

ジュリアナ・ハットフィールドの2013年新作。ナダ・サーフマシュー・カーズ氏との男女混声作。

ギター・ポップな「I Don't Know What To Do With My Hands」や、元気パンクな「Mixed Feelings」もあるけれど、半数ぐらいの「If I Wanted Trouble」や、「Radio Static」等、TR-909のクレジット有る一本調子のリズム・ボックス伴奏曲。過去のマシューとの共演作も、リズム・ボックス伴奏「Such a Beautiful Girl」と、聴いて納得。

相変わらず声は可愛いし、伴奏も好みの音色ですけれど、流石にアルバム1枚は地味過ぎる気も(久々の国内盤ごご祝儀とボーナストラックのデモ目当てで、国内盤購入したけれど、デモと本編とがあまり変わらない気が)。

|

« ザ・ポリフォニック・スプリー「イエス、イッツ・トゥルー」 | Main | 「螺旋の果実」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/58644326

Listed below are links to weblogs that reference マイナー・アルプス「ゲット・ゼア」:

« ザ・ポリフォニック・スプリー「イエス、イッツ・トゥルー」 | Main | 「螺旋の果実」 »