« 「田村ゆかりファンクラブイベント2013」 | Main | デイム・ファンク&スヌープジラ「セブン・デイズ・オブ・ファンク」 »

「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」/「ノブナガン」/「みんな集まれ!ファルコム学園」/「ウィッチクラフトワークス」/「スペース☆ダンディ」/「ノラガミ」/「バディ・コンプレックス」/「ノブナガ・ザ・フール」/「おにくだいすき!ゼウシくん」の感想

2014年1月期アニメ等第1話感想1「生徒会役員共」のようなコメディでも、Gohands青(キタノ・ブルー的な意味で)なのに驚き。

1.「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(TOKYO MX 土曜夜)△×
二重人格ネタのコメディ。第1話はおしっこネタと、小倉唯の淫声サービスが楽しめたけれど・・・

2.「ノブナガン」(TOKYO MX 日曜夜)×
偉人生まれ変わり設定がどれだけ生かされるか不明な、クラスから孤立した女子が超能力を得て謎の侵略者と闘う話。デフォルメのきつい絵は、萌えから距離有るか。

3.「みんな集まれ!ファルコム学園」(TOKYO MX 日曜夜)×
ファルコムの各ゲーム設定を知らないと、笑えないパロディ。

4.「ウィッチクラフトワークス」(TOKYO MX 日曜夜)△×
ハーレムものにも程がある学園バトルヒロイン物。ピンチに嵌りに行く男役の行動が苛立つが、エンディングのコミカル路線に行くなら・・・

5.「スペース☆ダンディ」(TOKYO MX 日曜夜)△×
コミカルなスぺオペ。岡村靖幸やくしまるえつこ主題歌のサブカル空回り臭。諏訪部順一のセクシー声C調キャラが珍しい第1話なら、爆発落ちでも好いけれど。

6.「ノラガミ」(TOKYO MX 日曜夜)×
伝奇退治もの。神谷浩史声の一見冷笑的だが、実は優しいキャラの紹介に終始。

7.「バディ・コンプレックス」(TOKYO MX 日曜夜)△×
時間もの設定とロボ戦闘は脇道で、BL方面に話が進むには、主人公が善人過ぎる気が。

8.「ノブナガ・ザ・フール」(テレビ東京 日曜深夜)△
鉄砲→巨大ロボに置き換えた戦国物。繊細さを空元気で誤魔化す信長を、宮野真守声で表現。絵は綺麗。

9.「おにくだいすき!ゼウシくん」(フジ 月曜夜)×
ひな壇バラエティ(第1回の特撮ヒーローへの「ツッコミ」が、対象に愛着無いXX芸人ノリで悲しい)中のCM。90秒中の半分が、(今季主題歌何曲歌っているんだ?な)花澤香菜のコミックソングだが、メロディがキャッチー。

|

« 「田村ゆかりファンクラブイベント2013」 | Main | デイム・ファンク&スヌープジラ「セブン・デイズ・オブ・ファンク」 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/58897674

Listed below are links to weblogs that reference 「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」/「ノブナガン」/「みんな集まれ!ファルコム学園」/「ウィッチクラフトワークス」/「スペース☆ダンディ」/「ノラガミ」/「バディ・コンプレックス」/「ノブナガ・ザ・フール」/「おにくだいすき!ゼウシくん」の感想:

« 「田村ゆかりファンクラブイベント2013」 | Main | デイム・ファンク&スヌープジラ「セブン・デイズ・オブ・ファンク」 »