« スティーブ・アーリントン「Higher」 | Main | 花澤香菜「25」 »

諸星大二郎「瓜子姫の夜・シンデレラの朝」(Nemuki+コミックス)

2013年作の短編集。最近、書店に行く機会が減ったという、当方の事情も大きいのですが、「西遊妖猿伝」と、旧作再刊以外では、久しぶりの新作な印象。

童話再話路線「グリムのような物語 トゥルーデおばさん」にあまり良い印象が無かったので、手を出しそびれていたのですが、キンドル入りしてるのを知って購入。手書き模様多用する諸星絵は、キンドルペーパーホワイトの灰色画な質感に合っている気がします。

冒頭作「瓜子姫とアマンジャク」が、力強い主人公と西遊妖猿伝第1話の無支奇みたいな一つ目巨人「山父」と対話するサービスまであり、「さらば青春の光」的やけっぱちラストも含めて、痛快。

巻末の「竹青」は、諸怪志異後期っぽい活劇で、解り易いです。

|

« スティーブ・アーリントン「Higher」 | Main | 花澤香菜「25」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/59293381

Listed below are links to weblogs that reference 諸星大二郎「瓜子姫の夜・シンデレラの朝」(Nemuki+コミックス):

« スティーブ・アーリントン「Higher」 | Main | 花澤香菜「25」 »