« 日笠陽子「couleur」 | Main | U2 「SongsOfInnocence」/「Boy: Deluxe Edition」 »

藝祭2014

ツイッター投稿を再編集。

東京芸術大学の学祭中日9/6(土)。奏楽堂でのパイプオルガンコンサート目当てに参加。11:30開始で整理券は9:20時点で130番代。この種のもののレア度を解らなかったので、慌てて来たが、気張り過ぎたかな?単科大学的こじんまりとした雰囲気は、母校の学祭を連想させる安心感が○。

藝祭パンフの細田守インタビューを読んだり、展示を見たりして、開始時間まで時間を潰す。大判の油絵展示してる(普段はアトリエなのかな?)絵画棟が油臭い、というのは、当たり前のことなのだろうけれど、、、

オルガンコン。1曲毎に演奏者が変わるのか。中休み前に演奏した、フリージャズばりの乱打早弾き系から、荘厳な奴から、音色がコロコロ変わる奴やら、と多彩で飽きさせず。ラストのロン・ネルソン「ペブル・ビーチ・サジャーン」での管楽器10打楽器6との競演は、流石のパイプオルガンも力負け。切れの有る管楽器隊の演奏に見せ場を譲った感じ。

渡廊下の下で演奏してるバンド、voのおかっぱ娘が可愛らしいので観てしまう。一本調子ドラムに奇声voと轟音ギターという、アートスクール出身の英パンクっぽいスタイルに納得。20分のライブ中で、屋台のカレー屋を宣伝するMCを2回挟むバランスが面白く、釣られて赤カレーを食してから、撤収。

|

« 日笠陽子「couleur」 | Main | U2 「SongsOfInnocence」/「Boy: Deluxe Edition」 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/60354773

Listed below are links to weblogs that reference 藝祭2014:

« 日笠陽子「couleur」 | Main | U2 「SongsOfInnocence」/「Boy: Deluxe Edition」 »