« ダズン・スヌープ「cuzznz」 | Main | 早見沙織 1stアルバム「Live Love Laugh」発売記念アコースティックライブ »

プログレッシブロックフェス2016


傘禁止の日比谷野音で、雨合羽を装備して、5月だと体力消耗との闘い、という事態は避けられそうだ。一安心である。

日比谷 #オクトーバーフェスト で野音開演時までの時間潰し。店員さんに一番飲みやすいビールを、と言ったら、日本的苦味が無いからと、ツヴィッケルを選んで頂いた。それでも、この炎天下でも、300cc消費に手間取るわたしの弱さよ。2杯目はとても、無理なのでジョッキは返還してしまう。

物販の帽子は売り切れで、残念。フェス公式のロジャー・ディーン絵柄のTシャツとタオルを購入。有翼生物絵自体好きだし、「ドラゴンズドリーム」のノーダメージクリア特典で画像データ貰って以来、iPhone待ち受けにしてる絵なので
一組目の原子神母、終演。バイオリンをキーボード代用なのは仕方ないことなのか、メロトロン美学なのか?朗々と歌い上げる女声コーラス隊の存在感が印象的だった。夕方ってこともあるが、運良く、席が直射日光の当たらない場所だったので、快適に鑑賞できた。

二番手のスティーブハケット終演。約90分。野音でスモーク無効は、連絡不足か?
序盤のフォーク路線の曲と、高音ボーカルを呼び込んでからの、キーボードソロ多めなプログレ然とした曲が、対象的だった。管楽器担当がコロコロ楽器を持ち替えるのも楽しく。

三番手のキャメルも終演。泣きギターのインスト中心だと、和製フュージョン的解り易さ。ギターをフルートに持ち替えるとは、一人抒情派だ。フェスはアンコール無と思い込んでいたので、しんみりとした「ロンググッドバイ」で終了?と不安になったが。

|

« ダズン・スヌープ「cuzznz」 | Main | 早見沙織 1stアルバム「Live Love Laugh」発売記念アコースティックライブ »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/64621822

Listed below are links to weblogs that reference プログレッシブロックフェス2016 :

« ダズン・スヌープ「cuzznz」 | Main | 早見沙織 1stアルバム「Live Love Laugh」発売記念アコースティックライブ »