« October 2017 | Main | August 2019 »

フジロック2019 7/28

フジロック2019 7/28

twitter に書く前にメモ帳に残しておいたもの

5:00眠い目を擦りつつ、#フジロックへと出発する。苗場スキー場とは天候に相関乏しいとはいえ、ここ迄雨が降ると気持ちが暗くなる。会場までは直通バスで快適なのが救い。


9:30アイマスクを持参したおかげでバスの中ではよく眠れた。停車毎に目を覚ます。バス3時間は早い方な気がする。天候は雨もなく暑過ぎず、素晴らしい。日焼け止めを持ってきて良かった。


10:20記。#フジロック2019 3日目。

レッドマーキーにも、フジロック3日目に特有の発酵臭が感じられて、シンドイ。

バスが早かったから、見れないと思ってた#スカートを間に合ったので観る。#崎山蒼志ファンにも高校生フォークソングgpの審査員でおなじみの人。音楽的には日本のクリストファー・クロス的なAOR〜ソフトロック。テーマを冒頭に説明するのは解説者っぽい。


11:00

ザンギ飯。あっさり目の味で食べやすい。

柏木由紀似の呼び込みの可愛らしさに釣られて、いいちこのブースにてグリーンティー割を飲む。流石に僕に下町のナポレオンは強すぎる。所謂、酎ハイの濃度ではない気もする。


12:00 #フジロック

夜まで体力温存の為に、今年はレッドマーキーを根城に。人混みが辛い。#ドミコを観る。ジャックブラック?開演前BGMなど70年代ハードロックへの目配りあるのは嬉しいが、ブランキージェットシティ風のボーカルが苦手。


13:30

#フジロック#ステラ・ドネリーは可愛らしい声の女の子弾き語り。リサローブ好きな僕の好物。「YouTubeでオーストラリア在住の父が観てる」とのmc。ネット配信にはそういう意義もあるか、と感心。「die」では「死にたくない」連呼しながら、指差しや蟹移動含む振付有り。本邦の地下アイドルを連想した。


15:00#フジロックレッドマーキーにて、#tendre を観る。キリンジ声のAORで、アルティメットブレイクビーツに載ってそうなド定番ネタを自分で弾いてみた、の人。そりゃキャッチーなメロディなのは当たり前だけども、ライブならではの盛り上がりとか期待出来ないし、正直、サックス入れた曲以外はスタジオ再現路線だと思ってたし、御本人の演奏はそれっぽい。ステージでポーズを取ると客が「きゃー♡」でスマホ撮影タイムになる。(福山雅治的な)イケメン限定音楽だった。ただ、ドラムの人がバラードでもシンバル乱打する熱血振りが見てて楽しかった。


16:00

フィッシュ&チップスを食し、超甘いキングストーンサイダーを飲む。店の人に「これってビール?」と聞いたら「いいえ、サイダーです」だったけど、やはりビールで眠くなった。木陰で1時間ほど就寝。元気出る。


17:30#フジロック#superfly を前半だけ。スタジオ音源は例の歌い上げを、迫力なのは分かるけど余りにもワンパターンと思ってた。ただ、フェスみたいな場では、魂レボリューションとか分かりやすく盛り上がる。

18:15 苗場食堂 

#崎山蒼志リハーサル。18:00過ぎてグリーンが終演した辺りから人が溢れ出す。グリー早めに動いて吉。


19:00

本編終了。客側が歓声上げたり踊ったり出来ない絶対的な何かは、健在。眼鏡を落とす熱演だった五月雨に、シンガロング入ったのは#フジロックの客ならではか?


19:30#フジロック

夜の移動と入場制限を怖れ、平沢を諦めてホワイトステージへ移動。屋根のないところで雨に打たれるリスクは覚悟。

最終日で売り切れ多いところ食堂でハムサンドを食。


20:55#フジロック

ヴィンス・ウィリアムズを観る。ティンバランド以降の現代ヒップホップが全て同じに聞こえる僕には論じれない。ロングビーチ連呼してたけどウォーレンGとは違う。サークルモッシュで盛り上げるのね。ステージ横にDJっぽい人見えたけどカラオケかも。映像で背中の大麻柄が抜かれること多いのに意味有るのか?


21:45

#フジロック雨合羽を着ててポケットから財布出すのが億劫な時、AppleWatch 支払いは便利だ。最近はモジュラー表示にしてることが多いのだけれど、天候などを現在位置に基づいて表記するのも乙。


23:15 

#フジロック

#ジェイムズ・ブレイクを観た。衣装はルコックでは無かったが、虫に悩まされるのは以前と同じ。甘ったるいピアノ伴奏の弾き語りが好きなので、ラッパー導入した新譜は疑問だった。ライブにはラッパー不在なのでカラオケはしょうがないけど。低音ブースト凄くて、「ダブ」ステップの人だったことを思い出す。


24:15

#フジロック新宿行きのバスに乗る。ネットニュースで#平沢進がアナザーゲームの「フルヘッヘッヘッンド」演ったって聞いて地団駄を踏む。見てないアクトの評判聞いて後悔するのもフェスの醍醐味と思おう。YouTube配信動画か、音楽産業廃棄物的な何かが落ちてるといいなあ。


29:00

小田急線始発に乗る。駅からは歩きか。

8a3ea2dca7a54faba09744617a84586e4a26b83e2b8344b88f2ae9f40243b7524a26b83e2b8344b88f2ae9f40243b7528a3ea2dca7a54faba09744617a84586e

| | Comments (0)

田村ゆかり LOVE♡LIVE 2019 *Twilight♡Chandelier*@中野サンプラザ初日

20190717感想

会場は中野サンプラザ

又も箇条書き。


冒頭の、バンドメンバーが一列縦隊で登場する時の曲が開演前b.g.mから引き続きsmap版「夜空ノムコウ」なのはカッコよい。


セトリはほぼ固定なので、2度目だと、ダンサーや舞台装置を見る余裕が僕の方にある。ダンサー陣はキビキビした動き。

舞台装置の星空風電飾は綺麗。

キャロル・キングの公演「アッブオンザルーフ」に合わせての星空背景を思い出した。あれよりは遥かに豪勢だが、レーザーとかはなく、ゆかりんライブの過去セットと比べても地味。


自分のことは棚に上げての言動だが、10代客に手を挙げた数の乏しさを見ると、動員を不安がるmcも杞憂とは言えないか。


mc14年ぶりの会場への感傷のような超泣けるのは無かったけれども、中野サンプラザも田村ゆかり名義では10年ぶりらしい。次あるとは言えないとか、ツアー終盤故の感傷的な言葉はいくつか。面白も入れてくるのは、如何にもこの人らしいけれども。

振付けミスは大胆なのが1つあったが、mcでの照れ隠しが楽しかった。


桃色男爵ノリロングのギターインスト部ではギターを持ち上げてディストーション大会。ロックバンドではよくある風景だけど、こういう場の伴奏担当としては珍しい。バンドマンなんだなあ。今日も足キックしながら弾いてた。


開演前物販にてタオルは買ったので御布施はしたというテイで。


| | Comments (0)

田村ゆかり LOVE♡LIVE 2019 *Twilight♡Chandelier*@神奈川県民ホール

田村ゆかりLOVELIVE 2019 *TwilightChandelier*@神奈川県民ホールhttps://twitter.com/ogalinogalin/status/1150294292985815040

https://twitter.com/ogalinogalin/status/1150325113000038400

https://twitter.com/ogalinogalin/status/1150328312385941504

https://twitter.com/ogalinogalin/status/1150381044769492992


yt20190714神奈川感想。


新譜中心の選曲だからってのもあるけれど、FBDと猫を廃し、新生感強い。ファン層若いけど、奈々様経由ではなさそうだし、どっから来たんだろ。有難いけど。


youの泣き声混じる絶唱とその後のしょーもないYouTuberの落差が、如何にもこの人。今日が最終公演にも思えたし、あと10年続ける気ようにも見える。


ミニスカ制服コスはゲストない時だって後ろの客が言ってたけど鉄板の可憐さ。曲はキャラソンのカバーかな?

FATEの黒桜魔術回路を思わせる電飾衣装も雰囲気路線の曲披露に合ってる。胸の分厚さはまさに胸部装甲。


ホール公演は良い。前から10列目センターという場所で隣空席という都合良さではあったけど。最後のmcで会場ネタにやんわりと触れてくれたのには14年前の参加者としては泣ける。ロボットの下りは、脱キング経緯あったし、ファンなら察してた内容。長いmcに昔ならモニターで巻きが入ったと愚痴るのが定番だったが、今のスタッフは好きにさせる方針か。田村ゆかりライブの理想形を一番分かってるのは当人だ、という信念があるのだろう。


動きの大きいギターのノリロングが見ていて楽しい。仕事が的確なスタジオミュージシャンではなく、ライブを楽しむバンドマンっぽい。

| | Comments (0)

« October 2017 | Main | August 2019 »