田村ゆかりFCイベント

行けるかいけないか微妙だったのだが、何とか行けることに、なってしあわせ。普段25分かかる道を10分で走って、定時遅れの14:15新百合発のロマンスカーに飛び乗る。それでも、間に合わないだろうと思っていたが、開演時刻が遅れていたせいで、座席について数分後に開演。

田村ゆかりFCイベント両国終了。久し振りに聴くフリートークは、矢張り、楽しかったなあ。相手を務めてくれた、鷲崎氏はヨルナイトもあるのに水曜日もやってくれたとの話に、「友情出演」という言葉が頭をよぎる。ありがとうございます。ヨルナイト貴族続けます。

イベントでの歌無しは久々か(もう、歌手活動に本人の関心がないのかもしれない、と思った。キング末期は、ライブ関係者への義理でやってるっぽい感じもあったし、仕方ない気もする。キング時代曲を契約関係で歌えないっていうなら、志倉千代丸の事務所在籍なんだし、シュタインズ・ゲートのバイト戦士キャラソンとか歌えばいいのに、とは思ったが)。15年と言われても、僕は、ユカリンxくらいからだから、その感慨はないかな。

イベント感想戦という名の食事終了。
ちゃんこ屋は満席だったので、隣りのイタ飯屋に入る。こっちの店はガラガラ、ってのは、お洒落な店の外装に、本日の客層がビビった故か?

2016.12.10 両国国技館にて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「いたずら黒うさぎ」/「喫茶黒うさぎ〜秘密の小部屋〜」最終回

「いたずら黒うさぎ」を聴き終える。明るく楽しい黒うさだけど、普段の放送よりは、やや感傷的だったかな。「ラブリーマジック」は、コナミ期曲を掛けるのは自粛と思ってたし、備忘録
http://web.archive.org/web/20060820160607/http://homepage3.nifty.com/ogalin/200305.HTM …
見ると、僕が初めて買ったシングルでもあり、懐し嬉しかった。

「喫茶黒うさぎ〜秘密の小部屋〜」最新配信分を聴く。内容は、ラジオ「いたずら黒うさぎ」の感想戦モードなので、放送分聴いてから聴く方が良かったかも。
ひと区切りではあるものの、配信で言ってる「またね。」は、すぐ来ると思い込んでるので、あまり感傷的にはならないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「田村ゆかり LOVE LIVE *Sunny side Lily*」(blu-ray)

同題ライブのブルーレイ。

届いた日は、ちょっと見の積もりだったが、止め時が見つからず、つい、DISK1の最後まで見てしまいました。逆光の中に立ったり、照明の色に染められた画面が印象的でした。「エキセントリック・ラヴァー」等で活躍するハモンドオルガンの勇姿も嬉しかったです。
SsL DISK2まで観る。各地公演のみで披露した曲を、20曲以上集めた特典映像は、最後にアンコール曲を持ってきた為、独立した公演にも見えました。アコースティック曲が多めの嬉しいセットリストでした。代表曲を総ざらえしたDISK1&2の内容と、振り向くジャケットに「集大成」の印象を持ちました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田村ゆかりFCイベント2015

パシフィコ横浜へ出発。本日から、どう考えてもライブ行き過ぎ月間(10/31田村ゆかり、11/8 THEピーズ、11/17ディムファンク、11/21エヴァネッセンス、11/24シェラック、12/7キングクリムゾン)なのだが、加えて、11/14花澤香菜も当たれば行きたかったです。我儘。

物販?は、ピンク売り切れは残念でしが、紺色プラスカボチャ色が気に入ったtシャツとチケットホルダー。ガチャで定規貰えたのも実用品好きには嬉しいです。

イベント終演。3時間半とは驚きましたなぁ。
Little Wishは先日のフェスでも演りましたが、ファンコールが大きくなる客層で聴くのは、また格別です。トークは、新情報とかは特段無し。鷲崎司会で、緩いゆかりんと、近頃の喫茶出演陣(おだおさだ)らと遊ぶ安心安定の内容になっていて、幸せでした。ボール投げのボールが届かない為、前方客席弄りになってしまったのが、残念なところ。

終演後は、夜の海風は寒いので、さっさと帰路につきました。夜の列車ホームで乗換待ちするのが嫌なので、帰りは、みなとみらい駅で無く、桜木町まで歩いて、乗換少ない横浜線町田経由にしてみました。が、時間かかるだけだった気がします。

2015.10.31 パシフィコ横浜にて参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田村ゆかり LOVE _♡_ LIVE 2015 Spring *Sunny side Lily

twitterログを再編集。

代々木へ出発。最近少し風邪気味だったのだが、昨日一日ごろ寝したことで、状況は、やや改善した感有り。咳はほぼ出ないが念の為、使い捨てマスクを2,3枚持って出掛ける。頑張りたいけれど、「アンコール、そぉれ、アンコール」は、一つおき発声になってしまうかも。

コンサート前にマッサージ行くことしばしあるが、本日もマッサージ師さんとの定例的会話を行う。「これから、どちらへ?」「コンサートです。」「誰の?」「田村ゆかりっていう声優」「アイドルみたいな?」「ええ、まぁ」「AKBとかも行かれる?」「いえ」。もっとちゃんと会話すべきかなぁ。
代々木体育館は初なので、内部を散策。時代がかった建物である。食事所の脂っこいチキンスティックをオレンジジュースで流し込んで最後の燃料補給をする。

終演時の感想は、まず、最後のMC。内容自体は、ライブ翌日に、FC会員に配送された葉書に書いてあったことと同じ、言ってみれば「今後ともよろしく」なのだが、歌い上げ曲「YOU」に引っ張られて涙声になってしまったため、やたらと悲壮な感じになってて、楽しい「ゆかりんライブ」からは、少し離れてしまった感じ。勿論、演者側の内部事情は分からないけれど、綺麗に終わらせ過ぎだ、と思いました。

ライブ自体は、衣装替え時間稼ぎ動画(動画多用の事情も分からなくはないけれど、複数回見ると、休憩時間っぽく思ってしまうのであった)が2月公演の続編的構成で、新作とアップテンポな近作とコナミ時代のスローナンバーというセットリストは安定の感じだが、ライブ終盤での定番曲「fancy baby doll」を序盤に持ってきたのが新趣向か。同曲での人形配りと、最後のお手振りで、歌わずに会場を2周するとライブ終盤が間延びしてしまう、という近年ライブの難点に対する一つの解答か。今回僕の席は周回通路最前席であったため、近くに来てくれる嬉しさも解るんだけれど。

渋谷だけあってライブ終了後の2次会場所には困らず。知人との中華屋での感想戦終了後帰宅。口内の中華料理臭を歯磨きし、シャワーを浴びて就寝。

2015.06.28 東京国立代々木競技場にて参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神楽坂ゆか セカンドコンサート "またするの?"トクン・・・胸きゅん_♡_あばんちゅ~る

カラオケコンサート。正直、近年のライブ定番曲「恋のタイムマシン」のような打ち込み曲は重厚な生バンドよりもあっさりカラオケの方が良い、気がする。設定準拠MCが「ゆかりん」封印なのは正直寂しいけれど、無理に面白いことを言おうと診断メーカーネタをtweetするような痛々しさが無くて気楽そうであるし。先日の畑中葉子との同一雑誌掲載が今回選曲の予告だったとは驚きだったが、正規のゆかりんライブではセクシーも真面目になってしまうので、こういう場所でないと披露しずらいのかも。

知人との感想戦は、アイドルに造詣無い当方とは違った感慨を持っているようなのが興味深く。
2015.08.27 中野サンプラザにて参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Winter *Lantana in the Moonlight*

1ヶ所でのライブ且つ次ツアー告知済ということもあって、色物っぽく。前ツアー映像クルピヨンの続きで始まり、着ぐるみの脱衣等を含む、今迄のファンにサービス志向の内容でした。FC向けのステージバック席(私は2日目はココ)を向いている時間も多く、FC会員としては嬉しいですが、ニコ生での、ファン以外の人も来れるようにCD先行を付けた、とのコメントは、「大人の事情」か?と訝りたくもなりました。ステージバック席者向けプレゼント付きな「虹色バルーン」のストリングスが、カラオケだったので、伴奏がピアノとストリングスだけの新作曲「YOU」を、外してたのには、メンバーを揃えてからの披露かな、と思ったりしました。次ツアーでは、なのは曲披露が期待できますから、「mywishmylove」と合わせて一つ等と妄想。

それでも、「エキセントリック・ラヴァー」はPV以上に格好良かったし、「大好きと涙」のコーラス+独自コールを思い出す「superspecialsmilingshygirl」には、ゆかりんライブの楽しさに溢れていました。

2015.02.14-15日本武道館にて参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「あのね love me do」

Twitter投稿を再編集

冬以来のシングル。p.v.も作製してる「エキセントリック・ラヴァー」は、前衛的になる前の椎名林檎を解り易くしたような、巻き舌過ぎるロックで、かつてのジャズ路線のように続けてくれるのかも。

表題作は、「童話迷宮」風ジャケットと同様に、ややテンプレ気味の「田村ゆかり」路線である。だが、amazon予約開始時に題未定だったことや、p.v.がライブで使用するバーチャル・デート風だったり、と、受け手に窺い知れない「事情」があったのかもしれず。

最終曲「YOU」の、どアコースティックぶりに、遂にライブに弦楽器登場か?弦楽器を入れるなら、カラオケ0%の「Mywishmylove」も、ついでに、来月の武道館公演で演ってくれないだろうか?等と、身勝手な妄想をする。

ライブが前提の音楽ではあるものの、この人にしては珍しく、シングルに2/14.15のライブ先行申し込みコードを付けている。私も2/14を申し込んで当選して一安心なのだけれど。ただ、どーせ、何時ものファンが買うだけで意味がないんじゃ、と思っていたので、発売記念のニコニコ生放送、ゆかり☆ちゃんねる7で、ライブ先行付けた意図(新規参入しやすく)を本人の口から聞けたのは良かった。勿論、この人のインタビューに有りがちな当たり障りの無い建前で、複数買い上等!な「本音」も、あるのかもだけれど、1/6締切だとオリコン初週とは無関係?かな。

新規客開拓策は、興行戦術的にも正しく思えるので、2/15公演分は、7千円払ってバック・コーラス役が出来る「ステージバック席」を申し込むのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田村ゆかりファンクラブイベント2014

企画のゲームに攻略対策を練ってしまう輩が居るので、止むを得ないことですけれど、一週間の情報漏洩禁止令が出ておりましたので、今頃、感想を書きます。ただ、忘れてしまっていることが多いのが困りものです。

例年通りの、カラオケライブ数曲と、鷲崎健を司会に観客を交えたゲーム企画でした。ライブでは、好きな曲アンケートで選んだ「わがままなI Love You」「さまぁらいぶ☆2004 *Sugar Time Trip*」以来、ということは10年ぶり?に、披露してくれたのが嬉しかったです。

もっとも、田村ゆかりの楽曲に、さほど特殊な曲調は無い(ハードロックに振り切って「Tomorrow」位だし)し、歌詞の内容も大半が初デートにウキウキか、片思いは切ないなので(「…おしゃべり子猫」「…アリス」みたいなファンタジー路線も近年曲には無いし)、どの曲でも、同じといえば同じ。なのですけれども、この曲はシチュエーションが具体的で解りやすいのが、好みです。

ゲームは、「ゆかりちゃんねる」でも、お馴染み、キーワードトーク等、プライベートだと喋るネタが無いというのはその通りなのだろうし、投稿時刻朝4時のtwitterみたいなメンヘルねたは拙いのでしょうが、やや、安定し過ぎの感も。

キャパが大きい所為か、終了後、統制退場で、渋谷公会堂での2006年のFCイベントでの長ク、しかし楽しかった待ち時間のことを思い出しました。


2014.10.05 東京国際フォーラムにて参加。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE *Fruits Fruits ♡ Cherry* & *Caramel Ribbon*」[Blu-Ray]

回のライブ収録盤です。2ライブ間で5曲被ってしまうセットリストは残念ですが、新譜収録曲を先行披露したためですし、仕方なく。別公演のみ披露した曲をボーナス・トラックに収録していますし、ボリューム的には十二分(アマゾンから発売日に着いてたのに、本日やっと、一通り見終わった次第)ですしね。

メイキングでは、「歌えなくなったら、データ流せよぉ」という、本人の軽口に苦笑。現代のオーディオシステムでは、「生」に拘る理由は、意地だけなのでしょうけれど、その意地は応援したいなぁ。

あと、ライブ参加時には遠過ぎて解らなかったですが、演者側専用の、ゆかりんエロ画像Tシャツの絵柄は、アップで見ると、2ライブとも極めて魅力的なので、2次使用して欲しい処です。ゆかりん世界観を崩すからダメなのかもですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧