安いんだから、アリなんじゃない?

最近はあんまり動画を室外で見たりはしない(キャプチャーしたm2pからのファイルコンバートが面倒くさいのと、音声付き変速再生ができないのと、画質が哀しいため)のですが、ZAURUSMI-E25DC使ってPCで作成したMPEG4ファイルをかつては愛用しておりました。松下やシャープあたりが出している動画閲覧専用端末や、POCKET-PCを使ったDIVXファイル再生だと、もっと高画質な動画を携帯出来るのは知ってます。が、画質のためだけに数万円払うというのも、おっくうですし。

GBA(SP)MOVIE PLAYERを秋葉原で見かけて、安い動画/MP3プレイヤーとして、本日記の7月2日分に記しましたが、ZAURUS故障時の代車として使えるようなものが欲しいというのもあり)興味があったのですが、品切れとのことだったので、知人から教えてもらった通販サイト、で正確なスペックなど調べずにnet通販してみました。衝動買いという奴です。数日で届く物なのですね。値段も送料分がつく(4500円+送料1450円でした)とはいえ、秋葉原GAMESARKで見た時の値段は忘れてしまいましたが、そんなに変わらない気もします?

届いたのはブリスターパックに入った、本体と、8cmCD-ROMでした。

本体はGBAのカセットを3枚並べたぐらいの大きさの黒い箱で、GBAのカセット口に差し込む形になります。いにしえのSUPER32Xのように、これの上からGBAのカセットを挿せるようになっていて、横についてるスイッチでplayer/gameのモードを切り替えて使います。GAMEモード選択中はゲーム機として普通に使えます。playerモードにするとmovie/music/e-book/about/helpのアイコンが表示された画面が立ち上がります。アイコンを十字キーで選択してAボタンでファイルリストが表示されるので、ファイル名を選ぶと、movieでは動画が、musicでは音楽が演奏されます(あと、e-book再生アイコンもあるのですが、日本語テキストファイルは?表示でした)。musicには一応、repeat再生があります。

「MP3ファイルは再生出来る」、「メディアプレイヤーで再生できる動画ファイルは再生できる」と上記webpageには書かれてますが、その下に「変換ソフトがついています」、と記載されているように、直接MP3や動画ファイルが再生できるわけではありませんでした。CD-ROMにはPC上で使用する変換ソフトが入っていて、MPEG1,MPEG4,WMVあたりの動画ファイル、MP3ファイルをそれぞれ、gbmファイル+gbsファイル、gbsファイルに再変換してコンパクトフラッシュに書き込みんで使用します。面倒な変換の手間が入ってしまうのがちょっと残念。変換ソフトは、まぁ、使いやすく(パラメータが多くてそれを理解しようとすると大変っぽいのは動画変換ファイルの常でしょうか)、変換速度は、うちのVALUESTAR vs700(pentium2.4G)の場合ですが、3分4メガのMP3→2メガのgbsは3分の曲が十数秒で済みましたが、30分42メガのWMV→39メガのgbm+19メガのgbsの場合は30分ぐらい、30分1ギガのm2p→41メガのgbm+38メガのgbsの変換は50分ぐらいかかりました。

画質、音質は、大きめのブロックノイズが目立つpixlabで作るMPEG4の最低画質、MP3は音量を上げるとハム音が少し気になりました。生理的に嫌なノイズではなくて、チューニングの悪いAM的なノイズ。まぁ、わたしのように音質こだわりゼロで、コンパクトフラッシュが余っていて、6000円の代車としてなら許容範囲かなぁ。ZAURUS MI-E25DCを持ち歩くので、本機を常用はしないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)