「SHELLAC MONO JAPAN TOUR 2015」

数年ぶりの代官山ユニット。代官山自体、ユニット行く時しか降りない場所なので、記憶が古い。銀座線の階段降りるだけ、という先入感を持っていたので、代官山へ行くのに渋谷経由を選んだら、乗り換えに結構歩くことになりました。渋谷駅改築後東横線は、初めてだったかな?帰りに渋谷で歩き、下北沢で歩き、と思うと気が重いです。

代官山ユニットは、ライブハウス。アルコールを入れると直ぐに頭痛がしてくるし、翌日も気分悪くなるので、レッドブルを置いてくれるのは、とても有難いです。んですけれど、自販機はロング缶700円で、隣りの缶ビールより高いのを見ると、搾られ感が出ます。

サポートのMOVO終演。アンビエントで始まり、ドラムドコドコで盛り上げる展開の、歌無しシガーロス4th。曲調が一辺倒すぎる気はしますが、好きなタイプの音楽ではあるので、鉄琴入の曲の入ったアルバム「hymn to the immortal wind」を物販で購入しました。弦楽器と共演してた時期の作です。ライブでの印象通りですけれど、楽器編成の為、よりメロディ志向というか、ピンクフロイド的な。フィードバックギターが引っかかりになり、物凄く聴きやすいです。ため、同路線の次のアルバムもハイレゾ配信購入することに。

シェラック 多分終演。ステージ上でさっさとケーブル片付けを始めるアルビニには、アンコール声等、かけようも無し。ガリガリとしたギター爆音が、ピタッと止まる処はアルバム同様で、ひたすらカッコいいです。終盤のヒコーキやスネアは意味不明だったが、アルバムには、ああいうノイズ乗りもありましたし。

2015.11.24 代官山unitにて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セガネットワークス感謝祭

当日ツイッター投稿を再編集。

ネットゲーム会社のニコ生を公開録音的に観客入れたイベント。自分がプレイ中のソーシャル・ゲーム(「チェインクロニクル」)を、他人もプレイしているという、共時感が嬉しいので、参加。

会場の豊洲PIT(ライブハウス)に着いたのは、正規開始時間ぐらい。行列は場外200メートル位だが、そこそこ流れてる感有り?待ち時間が暇だが、こんな時こそ、チェインクロニクル をプレイすれば良いのであった。

30分弱で会場入り。イベント開始を座って見られるのは幸せ。スタッフ段取りの素人感に、鷲崎健のスムーズな進行が恋しくなるけれど、このグダグダ感も、(詫び石ばら撒くポカポカ経営に通じる)ゲーム運営側の親密さを構成しているのかもしれず。

チェンクロラジオ出張版パートでは、ステージ盛り上げに終始していた声優陣が、朗読劇パートでは、一転して生真面目に演じてる本気感が嬉しかった。

続く、ぷよぷよクエストのイベントで、ろくに紹介もされずに登場しながら、抱きつきや踊りを続けるスケトウダラ着ぐるみも、立派にステージ上の賑やかしという役割を果たしていた。

アンジュ・ヴィエルジュのコーナーでも、久保ユリカをはじめとした声優による制服コスプレサービスが、嬉しいところ。

コスプレコーナーは観客によるステージ撮影OKだったので、最前列の席に座って撮ったのだが、素人+iPhoneカメラでは、光が多過ぎて酷い写り。プロショットのような写真は難しいことよ。

チェインクロニクルのドラマCD2を会場購入して、購入者限定参加のトークショーを聴く。緑川のトークの流暢さはラジオで予想してた通りだが、石田彰の軽妙トークが楽しい。「声優ラジオの時間アンコール」での対談も面白かったし。

会場外で、チェンクロフェスで飾られてた、ゲームキャラのイラスト担当者色紙を見る。黒葉.Kが、私の大好きなキャラ、遠くを見つめるオルドレード閣下と、彼に寄り添うカデッサを描いている。ゲーム本編での立ち位置と同じで、キャラを愛してる感じが、嬉しかったなぁ。石田彰も、ステージ上のゲームプレイで、珍しいから(実際、石田彰が、A・シュワルツェネッガー顔の偉丈夫を演じる機会は、まず無いだろう)と、閣下選んでくれてて嬉し。

ステージ外でも小企画有り。チェインクロニクルのガチャ登場キャラの合成写真コーナーでの1枚。ハズレキャラ感が半端ないのは、モデルの責任。自分大好きなので、撮って貰った写真をwaterproofで美化して、自Twitterアイコン化。「new comer」という言葉は好きだし。

「チェンクロ」スペシャルライブ迄観る。
前座×2。口上の難しいDROPは、ももクロ風で、統一感無く群舞る虹のコンキスタドールは、48系か。両グループとも地下アイドルっぽい熱気に好感持つ。トリのチェインバンドは、SSTバンドというか和風フュージョンで、トランペットが軽やかさを演出している。

時間が遅くなってきたので、虹コンのサイン会を横目で眺めつつ撤収。

2014.12.13 豊洲ピットにて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ディズニーLINEつむつむ」/「Threes」/「魔法使いと黒猫のウィズ」

最近導入したiPhoneアプリ3題(twitter投稿を再編集)

「ディズニーLINEつむつむ」ズーキーパーと同じ作業感のパズルというより早押しゲーム。タイムアタックゲーム故に1分で絶対に終わる安心感があり、てすさびに手頃なのが良。LINEに人間の知り合いが居ないので、ソーシャル機能は全滅なのだけれど。

「Threes」解法有りげなパズルゲームなので、レバガチャプレイしてるだけな自分の頭の悪さがもどかしい。「GUNPEY EX」的な効果音声入りで、スペシャルサンクス欄に「voice actors」有るのにも好感。フランス風味のBGMも良。

「魔法使いと黒猫のウィズ」パズドラの一筆書き部分をクイズに置き換えた物。数十問に1度のダブり頻度は、クイズゲームというよりは、RPGの「経験値」的に捉えるべきものなのだろう。曜日別ダンジョンとか、そこ迄パズドラ準拠せずとも…と思うが、往年のファミコン・ロープレが共通して「やくそう」を持つ故のシステム取っ付き易さは、ある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

艦隊これくしょん

最近やったブラウザゲーム(フラッシュ使える筈のPuffin Web Browserでも、iphoneプレイ出来ないようなので、CDリッピングとブログ書き以外では、久しぶりにPCを長時間使用)。

武器屋と宿屋と戦場を往復するRPGの戦闘部分のみ(なので、プレイによる達成感はある)。プレイ3日目、重巡を初入手出来て嬉しい処(dqなら「はがねのつるぎ」ぐらいの立ち位置か?)。

ただ、MS少女(太平洋戦争風味)画像に、各カードキャラに声も有り、キャラクター性は強いが、ストーリーは無い(パズドラもそうだし、「ストライクウィッチーズ」で避けた敵側の心理描写をやった、「ビビッドレッドオペレーション」の迷走を思えば、物語性が鬼門なのも解るけれど。H・R・ギーガー娘(グロくはないので、+加藤直之/2くらいか)と闘う物語が無い上に、データが更新される為コンプリートという終焉もないゲームって、ゲーム止め時が、プレイヤーの意志のみになってしまうのは、色々負けた気がしてしまい、何か辛い。

あと、夜は混む所為か、よく、ハングアップして、再読み込み願い画面を見ることが多いのも、困りもの。達成条件が「本日中」のイベントも多いから、仕方ないけれど、演習相手が朝3:00更新と、いうし、早起きプレイすべきかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

最近やったiphoneゲーム。スクロールする記号位置を軸線に合わせてボタンを押す「音ゲー」。

アニメが心地良かった(「聴衆」というアイドル話なら当然存在する描写を無視して水滸伝的仲間集め話に徹した故の心地よさでもあるので、2期目はどうかな?とも思いますが)のと、「電撃G'sマガジン」BabyPrincess連載は完全終了したから、雑誌購入は、もう、惰性なのだけれど)に入っていたレアカードコード使用目的でプレイ。

音ゲーは本当に下手で、最簡単ステージすらクリアできないのが大抵なのだけれど、現在配布中レアカードのHP自動回復能力(流石「UR西木野」といったところか)のおかげで、イージー~ノーマルはクリア出来るのが嬉しい。フルボイスで使用曲も多くて、アニメ版ファンに優しい造り(副会長のデブキャラぶりもアニメ版準拠か)なのも素晴らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

禁断召喚!サモンマスター 三国激突の章

最近やったiphoneゲーム。配置後キャラが自動攻撃するRPG+育成(課金ガチャ)。ステージ4ファチカの丘で挫折。

田村ゆかりキャラに釣られてプレイしてみたけれど、指揮官というかルール説明キャラで、育成するカード自体への愛着とは別問題。iphoneの小さい画面中キャラへのリアルタイム指示が私の手先では困難。育成自体は単調なアイテム合成で、キャラの記名性も無い(数字が大きいだけに見える)と、私に耐えられる単調作業性をを超えている。

課金すれば作業が楽になる、とは思えても、楽しいとは、思えず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mega Run - Redford's Adventure

最近やったiphoneゲーム。強制横スクロール・アクション。現在2-5面。

ギョロメ動物キャラ主人公が可愛くない処は、いかにもアメリカ産のアクションゲーム。強制スクロールの画面外へのジャンプを間違えると、即死する初見殺しっぷりは、ソニック・ザ・ヘッジホッグの加速がついた状態のようなゲーム性。

残機数無限大(死んだその場でコンティニューは要課金)なのは、今どきのゲームって感じですが、ジャンプ・ボタンを押してから反応に遅延が生じることは無く。強制スクロールの為、方向指示が不要(画面内方向パッドが不要)なため、iphoneの横スクロール・アクションをストレス無くプレイできる処は良。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Candy Crush Saga

最近やったiphoneゲーム。3つ揃えると消えて上から補充されるタイプ。現在79面。

iphoneでのウェブ・ブラウジング中にポップアップ広告をよく入れてるのが印象強いタイトル(ポップアップ広告は何故あれほど不快なのだろう)ですが、アクション性が殆ど無い(十数面に一面ぐらいの頻度で時間制限有りの面が出てくるけど、ズーキーパー程は操作速度勝負ではなく温め)ところが、電車内等のながらプレイしやすくて、気に入って、プレイ。
アクション性が無いけれど、考えることも少ないゲーム。というのも、多数同時消しで現れるアイテムがあまりにも強力過ぎて、アイテムの有無でクリアが決まる(だからといって1アイテム1000円以上という課金をする気にはならないけれど)運頼みのゲーム性なので、手すさび的にプレイ中。

60面ぐらいから出てくるマップを塗り潰すチョコレートへの対応が面倒臭く(マップを塗りつぶされる前にアイテムが必要になるため、リセットを繰り返して都合のよい序盤配置を選ぶ必要が出てくる)なり、中断~挫折。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「パズルアンドドラゴンズ」

スマートホン用の落ちものパズル。
3ヶ月程ちまちま続けて「魔王の城」<(中盤スタート位?)クリア時点の感想。

指1本で済む操作性と、(ドラクエ錬金の面倒臭さに較べると)手軽な育成要素が魅力。やってることが最初から変わらないので飽きか早そうですが、時間制限あるので、手遊びとしては、十分。

流行りの課金要素入り「無料ゲーム」ながら、課金通貨を運営がしょっちゅう配ってくれることもあり、現時点では課金予定無し。

そもそも、課金で増やすアイテムスロットは、スタート時点だと、前にプレイしたアイテムスロット課金ゲームと比べても、かなり余裕ある感じで、かなり遊んでからの増加でしたし、課金キャラはヒューマノイドと区別されていて、割り切り易く。コンティニュー課金はアーケードゲーム的ともいえますし、搾取されてるイメージ無いのが好印象です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラゴンズ・ドリーム」

iphoneゲームを、絵師の名に釣られて、購入。カラフルな幻想世界をふわふわと浮遊する、横スクロールのドット・イート・ゲームで、敵不在(1面だからかも?)のスコア・アタック仕様。つまり、ロジャー・ディーン背景で、ナイツセガ・サターン)のボス戦前。

達成度アンロックで、iphone用壁紙入手できるのも、何か嬉しい。達成感を味わう為の我慢って虚しいと思うけれど、ゲームの外に御利益が、となると、少し納得出来ました。鑑賞モードBGMが、ポリフォニック・シンセ~ハモンドで大仰なフレーズなのも、EL&P末期キース・エマーソン風なのも、嬉しいサービス。

発売初日購入でプレイヤ数十人しかいない所為で、普段は縁の無いスコア・ランキングに載れた(今は無理)のも、好感度の一因。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧