SFマガジン2012年3月号「2011年度・英米SF受賞作特集」

SFマガジン感想書くの久々過ぎて、書き方フォーマット忘れていた(苦笑)

ジェフリー・A・ランディス「雲海のスルタン」☆2
短編でも、惑星設定を惜しまないのは「火星縦断」の作者らしい宇宙SF。二夫二妻制はラノベ向き設定かも。

アレン・M・スティール「火星の皇帝」☆0
「映画って素晴らしい」映画のようなメタ・ジャンル賛歌は、みっともないと思ってしまいます。

ブラッド・R・トージャーセン「アウトバウンド」☆3
冒頭の宇宙船脱出シーンから、電脳知性やら科学と宗教の問題やらを、SFショーケース的に消費しつつも、いたいけ少年の一人称故に、統一感がある傑作でした。

レイチェル・スワースキー「女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女〈前篇〉」☆1
異世界ファンタジー設定で、召喚獣の悲哀が中心の〈前篇〉は、面白かったですけど、子生み女との身分社会とか、ジェンダー話で収束してしまいそうなのが、怖いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2011年1月号

久し振りに、SFマガジン掲載海外小説読了
特集無。250枚な↓掲載が特集か。

テッド・チャン「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」☆0
電子ペットの法人化など、「バイセンテニアル・マン」風。ポストペットやら伺かやらと、抽象物に思い入れを抱くことが当然な、日本オタク文化に浸かっている側から見ると、「衝撃」に思えない話。

アラン・デニーロ「ぼくたちのビザンティウム」☆0
不幸な三角関係を戦争で象徴化?

ティム・プラット「この土地のもの」☆1
種族/帰属意識の象徴化に見える精霊設定は鼻白む面もありますが、バトル展開は、解りやすく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2010年5月号「クトゥルー新世紀」

オチがクトゥルーと解って読むと驚けませんね…

チャイナ・ミエヴィル「細部に宿るもの」☆0
ベンジャミン・アダムズ「リッキー・ペレスの最後の誘惑」☆0
少年の感傷ネタ+オチがクトゥルー×2

F・グウィンプレイン・マッキンタイア「イグザム修道院の冒険」☆0
エリザベス・ベア「ショゴス開花」☆0
固有名詞ネタ+オチがクトゥルー×2

小説以外では、岡和田晃「「世界内戦」とわずかな希望――伊藤計劃『虐殺器官』へ向き合うために」☆-1
著者から個人的に得た情報論拠にする評論は(いつぞやの日本SF評論と同じ…)インチキ臭く。「私たち」と、主語のデカい人(@さよなら絶望先生144話)な文章が目立つ造りで、伊藤計劃をヨイショするにしても品が無い気が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作

ストロス

長谷敏司「allo, toi, toi」☆0
陳腐なお説教に認識論/脳科学系の衣装を纏っただけのような。
チャイナ・ミエヴィル「ジェイクをさがして」☆0
いつもの雰囲気もの
チャールズ・ストロス「ミサイル・ギャップ」☆2
「ミラーグラスのモーツァルト」の悪意ノリで描いた「地球封鎖」?スパイものフォーマットの力で纏めた感も有りますが、この分量にネタ詰め込み過ぎな所が痛快。カール・セーガンのイラストも懐かしいです。

小説以外では、東城和実/神林長平「完璧な涙」は、横長コマ多用の所為で、話がスロー過ぎ。「[新版]世界SF全集を編む」の同人誌穴埋め頁のようなノリは、ちょっと痛々しく。

| | TrackBack (0)

SFマガジン2010年3月号「2009年度・英米SF受賞作特集」

久し振り「秋のファンタジィ特集」号や「JGバラード追悼特集」号も読んではいたのですが…)

ナンシー・クレス「アードマン連結体」☆0
老人物。相変わらずの情念炸裂。
ジェフリー・A・ランディス「マン・イン・ザ・ミラー」☆1
1アイテム1登場人物のアイデアストーリーとして秀逸(元ネタ知らないだけかも)。ラストの感傷も良。
キジ・ジョンスン「26モンキーズ、そして時の裂け目」☆0
短くて、よく解らず。
ジェイムズ・アラン・ガードナー「光線銃――ある愛の物語」☆1
自意識過剰(とラストで説明しちゃっている)青春もの。光線銃の描写が全くないため、象徴っぽく見えすぎるのが難点。後、中二痛々しさ文学では、和物に一日の長か。

コラム「今日の早川さん通信1」ドラマCDのキャスト集合写真は、声優・アニメ誌のよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2009年10月号「神林長平・谷甲州・野阿梓特集」

神林長平への、賛美コメントで、出渕裕虚淵玄榎戸洋司佐藤大とアニメ・ゲーム系の人の名前が並ぶと、影響与えた史観も一理有、と思ったり。

「星魂転生」 谷甲州☆1
宇宙戦で居場所を知られる攻撃方法を控えるとか、自己パロ的要素の入った掌編。

オレグ・オフチンニコフ「クリエイター」☆0
アンドレイ・サロマトフ「祝宴」 ☆0
ロシアSF小特集。2作ともSF?といった感有りますが、「クリエイター」の苦悩は露西亜ものらしく。

新城カズマ「《あたらしいもの》雨ふりマージ」☆0
電脳空間での人間関係話は、2ch喪女板あたりの自嘲ネタが持つ、切実さを超えられないのかも。

野阿梓「偽アカシヤ年代記(第一部)」 ☆0
巨大学園都市は、出てきただけで、ラノベに見えてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2009年8月号「チャイナ・ミエヴィル特集」

ハードカバー持ち歩くのが辛くて、未だ『ペルディード・ストリート・ステーション』を積ん読中。

チャイナ・ミエヴィル「鏡」「ある医学百科事典の一項目」「ジャック」☆0,0,0
文章から、グロテスクな絵を想起できるかで、面白がれるかが決まるタイプ。

神林長平「放たれた矢 戦闘妖精・雪風 第3部 最終話」☆1
不確かな世界を不安なく彷徨っていた話は、外部からの確かな視点で、綺麗に纏まり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2009年7月号「「スター・トレック」公開記念特集/伊藤計劃追悼」

回顧色の強い大御所追悼特集の場合と違い、追悼コメントが、ちゃんと死を惜しんでいます

ナンシー・クレス「齢の泉」☆0
また、夢のバイオ技術に反感持った情念キャラの話か。

伊藤計劃「屍者の帝国」☆0
未完の長編冒頭ですが、スチームパンク~「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」のりは、面白そう。

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆0
終わった。戦場の話位、決着つけて欲しかった気が。

連載を、半ば義務感で読むのは辛すぎるので、止め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2009年6月号「スプロール・フィクション特集5」

「誰得?」な気のする特集ですが、4に続き

クリストファー・ロウ「名高きものども」 ☆0
古代神バトルがあっさり目なのは、ラノベが無い国だから?

ホリー・フィリップス「蝶の国の女王」☆0
女流作家らしい私小説ノリ。

リチャード・ボウズ「都市に空いた穴」☆0
9.11、PSTD、三角関係の3題話と聞いて、誰もが予測するような。

ジェイ・レイク「ローズ・エッグ」 ☆1
図式的な話が、ブラザー乗りの文体のおかげで、雰囲気は有り。

周辺作家へのアンケート集「SF界における世代を巡る論議」で、メディアのファンばかりなのを嘆くのは、洋の東西を問わずか。

連載 連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
「さよならジュピター」トリビュートに。

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆0
メタ・フィクションは締めるのが簡単そう。

連載 神林長平「アンブロークンアロー」☆1
現実を把握しているものがいない世界なら、叙述トリックぐらいでは驚かず。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

SFマガジン2009年5月号「バリントン・J・ベイリー&トマス・M・ディッシュ追悼特集」

個人特集で小説×3有ると、充実感強し
バリントン・J・ベイリー「邪悪の種子」☆1
永遠の命ネタでも、抽象的にならないところが、作者らしい。

バリントン・J・ベイリー「神銃(ゴッド・ガン)」☆1
落ちも明快なショートショート。

トマス・M・ディッシュ「ナーダ」☆1
落ちっぽいのがあると、フェミSF的図式性も苦にならず。

トマス・M・ディッシュ&ジョン・スラデック「ダニーのあたらしいおともだち」☆0
スラデック駄洒落+酒井昭伸意訳=?

連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
設定説明以外は、「死亡フラグ」って言いたかっただけ?

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆1
地の文で「あまりに空想がすぎるか。」には、困惑しましたが、エミリー・ブロンテの説明台詞は良。

連載 小林泰三「ワイバーン 天獄と地国との狭間」☆0
戦闘中。

バリントン・J・ベイリー「蟹は試してみなきゃいけない」☆0
哀愁恋愛話。擬人化ジャンルは、既視感が…

トマス・M・ディッシュ「ジョイスリン・シュレイジャー物語」☆1
哀愁恋愛話はストレートな方が。

小説以外では、アニメ版グイン・サーガ(日曜夜という地の利もあり、見続けているなぁ)の紹介&中原麻衣らのインタビューは、原作読者への配慮を感じさせます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧